2016年05月11日

逆流性食道炎 痛み 緩和

薬を飲めば潰瘍は出来ないものの、その代わり胸やけ、吐き気、ゲップといった症状に頻繁に襲われる状況だったとしても、
3つの流れを実践していくだけで、症状がどんどん軽くなっていき、健康であることが当たり前になる方法がこちら




あなたも、忌々しい逆食のせいで下のような思いをするのはさっさと終わりにして、以前のようにすっきり過ごせるのが当たり前の毎日を1日でも早く取り戻したいと思いませんか?


常に酸っぱいものがこみあげてくる

胃がスッキリせずむかむかする

逆食のせいで体がやせ細ってきた

喉の違和感があって、スッキリしない


逆食が起きる原因の一つとして胃酸過多(胃酸の過剰分泌)が起きている可能性もあります。ストレスや自律神経の乱れによって胃酸が増えることが知られています。

そこで病院では胃酸を抑える薬を処方してもらえたりします。単純な発想で、余分な胃酸がなくなれば逆流することもなくなるだろう、ということですね。


これはこれで効果が期待できます。確かに逆流なんて起こりっこないほど胃酸の量が減ることによって、逆食の症状が和らぐ可能性もあります。

ただ薬の効き目が切れるとまた気持ち悪くなったり、酸っぱいものがこみ上げるようになるだけです。薬はあくまでも一時的に症状を和らげるにすぎません。


薬を使い続けることによってもっとも怖いのは、胃酸の量が別に増えすぎていなくて、正常量だった場合です。胃酸過多とは違う原因で逆食が起きていた場合です。

この場合、当然ですが食べたものをきちんと消化できなくなります。消化が不十分な状態で腸へと食べ物が流れ行くので、栄養分をしっかり吸収できなくなります。


すると当然、体の調子はどんどんおかしくなっていきます。一つ例を上げるならば、血液がきちんと作られなくなって貧血のような症状が現れるようになります。

たとえば立ちくらみやめまい、頭痛といったものです。女性の場合には冷え性やむくみといった問題も発生しやすくなるでしょう。


逆食の薬を飲み続けることによって、確かに気持ち悪いゲップから解放されるかもしれませんが、その代わりに、また違う体調不良をがまんしなければいけなくなります。

福辻鋭記さんの逆食改善プログラムでは少なくとも、逆食を解消するために他のことを我慢しなきゃいけないとか、そんな代償を背負う必要はありません。


逆食を招いている根本的な要因である体のゆがみや筋肉を直接的に解消していくので、むしろやればやるほど体の調子が良くなっていくはずです。

体がゆがんでいたり、もしくは間違った姿勢をしていると、結局、体の一部に負荷が集中するようになります。具体的には肩こりや腰痛といった症状が起きやすくなります。


負荷が集中する部位の筋肉が常に力が入りっぱなしになると、今度は力を抜けなくなり硬直したような状態になります。これが周囲の筋肉や神経、内臓を圧迫するようになります。

逆流食道炎の場合、胃を取り巻く筋肉が凝り固まっていることが考えられます。たとえて言うならば、手でギュッと握りつぶすような感じです。


胃そのもののも、押しつぶされまいと頑張るわけですから当然、本来の機能なんて果たせるわけがありません。どちらかというと潰されないように外向きの力を加えるからこそ、胃酸を逆流させやすくなります。

病院通いを続けてもまるで症状が改善するめどが見えない場合は体のゆがみが生じていないか?をぜひ疑ってみてください。



実際に福辻鋭記さんの逆食改善プログラムを実践した人たちは1日20分のエクササイズをするだけで次々と逆食を克服しています。

あなたも毎日コツコツとDVDで福辻鋭記さんが実演する通りに体を動かしていけば、早いときには1週間ほどで気持ち悪さが抜けていきますよ。


→→副作用の危険が一切なく症状を和らげてくれる福辻鋭記さんの逆食改善プログラムでお腹のガスをスムーズに取る方法とは??





藤城博
ネイティブスピーク
小原大二郎
posted by 福辻鋭記 at 16:42| 逆流性食道炎で食べていいもの | 更新情報をチェックする

逆流性食道炎 みぞおち 痛み

逆流性食道炎の原因としてストレスを挙げるお医者さんもいます。確かにストレスによって自律神経が乱れ、胃酸過多になることが知られています。

ただ実際にはストレスを受けているときの生活パターンにこそ、問題の根っこが潜んでいます。寝不足になるほど働いたり遊んだりすると、体に余計な負担をかけるのは間違いありません。


特に働きっぱなしの場合、たいていはデスクワークが増えます。机に向かう姿勢を長時間続けることになるわけですが、この時の姿勢に問題がある、というわけです。

お医者さんは内臓疾患ばかり疑うもので、確かに逆流性食道炎のきっかけとして内臓に病的な異常が起きている可能性もあります。


ただ薬をいくら飲み続けても逆流性食道炎の症状が和らがない場合は、その線の可能性はほぼないと思って良いです。

そもそも薬はあくまでもその場しのぎの効果しかありません。つらい症状を一時的に和らげるためだけに使うものです。


あなたがやらなければいけないことは、とにかく姿勢を見直すことが第一です。座っているときだけじゃなくて寝ている時や立っている時も同様です。

何気ないしぐさによって実は胃腸の働きを乱すような悪影響を生み出していて、それが逆流性食道炎を引き起こしているわけです。


福辻鋭記さんの逆食改善プログラムでは、ゆがんだ体を元に戻していくわけですが、何も関節を曲がらない方向に無理やり曲げるとか、そんな危険なことは一切しません。

あなたが動かせる範囲で体を曲げ伸ばししていけばOKです。DVDで福辻鋭記さんの言うとおりに最初からまねできなくても、徐々に近づけていけばOKです。


苦しいヨガの姿勢を何分も続けるわけでもないので、1日20分をまるでラジオ体操をするような感覚で過ごせるはずです。

それでいて、福辻鋭記さんの逆食改善プログラムを実践した人たちのなんと90%以上が逆食克服に成功しています。


あなたも、病院で処方される薬に依存するのはやめて、本当にやるべきことに打ち込んでいけば、下のような結果を手に入れることができますよ


生き生きと毎日を過ごせるようになる

「うぷっ」という辛いげっぷがなくなる

逆食と完全にサヨナラできる

なんでもおいしく食べることができる


逆流性食道炎の症状がひどくなる勢いを食い止めることができず、食べるたびに吐き続けることになってしまう前に、
100人中91人の人が効果を実感している方法で、やりたかったことに目いっぱい打ち込めるようになりませんか?

ご飯を無理やり口に押し込むのは今日で終わりにして、好きなものをお腹いっぱい食べて次の日もすっきり目が覚めるにはこちら






杉本宣昭
スコットペリー
石切山聡偲
posted by 福辻鋭記 at 16:42| 逆流性食道炎で食べられない | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。